最近思うこと

※このページは「三次元同人」、所謂「ナマモノ」のマナーについて色々考えてみようよという主旨のものです。※

近頃、同人というものがだいぶんメジャーになってきたように思います。本屋に行けば少年漫画のBLアンソロジーが平積みで売られていたり、毎年二回のコミケはテレビで特集されたりしています。
pixivやtwitterというものができました。自分の萌えを手軽に発信できるとてもいいツールだと思います。けれど、同時に色々な問題も生じてきています。
記憶に新しいのは、中古同人誌を取り扱うお店のtwitterアカウントが、三次元の同人誌の情報を写真付きでアップして炎上したことでしょうか。覚えている方もいらっしゃるかと思います。
そういった事に対して「何がいけないか分からない」、「そんなマナーとか知らない」というような意見をtwitter上で多く見かけました。
おそらくNLにせよBLにせよ、あるいは百合にせよ、三次元同人の書き手・読み手でありながら知らない、ルールの意味が分からない、という方もおられると思います。
というわけで、一度、何がいけないのか、何故いけないのか、そしてどうするべきなのかについて考えてみましょう。
これを書いている私はBLで活動をしておりますが、NLにも百合にも同じことが言えると思います。

三次元同人のルール、その意味とマナー

まず、三次元同人におけるマナーの全ては、「ご本人様や関係者、また一般のファンの方・三次元同人を知らない方に知られないため」という意味のもとに存在しています。これが一番大切な事です。

なぜ知られてはいけないのか。
もちろん、様々な法だったり色々な事もありますが、何より「そういう方々を傷つけないため」ということであるのではないかと思います。
私たちが同人で恋愛関係や同性愛者として描いている人たちは、現実にはそうではないのです。
二次元の同人だってそうです。おそらく原作者の方が目にしたら愕然とするでしょう。自分の生みだしたキャラクターたちが、自分の意図しない描き方をされ、時にはひどい扱いを受けている事さえあるのですから。
三次元の場合、それを目にするのは「作者の生みだしたキャラクター」でなく「自分本人」なのです。「生身の人間」なのです。
自分が、自分の意図しないところで、自分とはまるで別人のように描かれ、ひどい扱いを受けていることだってある。誰だって嫌です。
これが「ご本人様の目に入ってはいけない理由」です。

では、次に関係者の方の目に入ってはいけない理由はどうかというと、結局は上記の項であげたことのリスクを避けるためです。
たとえば、とあるタレントを扱った同人誌が、そのタレントの事務所に送られてきた、あるいは関係者のかたが偶然それを手に入れたということがあったとしたなら、かなりの確率でその本の存在はご本人様に知られてしまうでしょう。
本そのものが渡ってしまうかどうかは別ですが、「そのタレントの同人誌が存在する」ということは知られてしまうわけです。
存在が知られてしまったら、今はネット社会ですから「同人誌がどういうものか」なんて一発で調べることが出来ます。「BLがどういうものか」だってそうです。
実際にこれを読んでいるあなたのご本尊がそういう行動をするかどうかは分かりませんが、「リスクが少しでもある」のならそのリスクを避ける理由には十分あると思います。

そして、一般のファンの方・三次元同人のルールを知らない方の目に入ってはいけない理由はどういうものか。個人的には、今これが一番身近で、且つ深刻なものだと思っています。
ちょっと考えてみてください。たとえば、一般のファンの方がとあるミュージシャンのライブに行った帰りにtwitterで他のファンの方の感想を見るためにそのミュージシャンの名前で検索をかけたとします。
すると、
「今日もAとBラブラブだった〜!」
やら
「ABイチャイチャしやがって!」
なんてツイートが出てきたらどう思うでしょう。果たしてこれは自分の知っているミュージシャンなのか、と思うでしょう。
間違いなくショックを受けると思います。
人によっては、「そんな歪んだ見方をする腐女子が憎い、あんなのはファンじゃない」と思うことだって大いにありえます。そこからエスカレートして、たとえば即売会に来て本を売ってるところを見てやろう、冷やかしてやろう、あるいは「腐女子を困らせるために本を事務所に送りつけてやろう」そう考える人もいるかもしれません。
twitterだけではありません。たとえばライブ会場で開演前に、近くの女の子二人が「今日もABイチャイチャあるかな〜」「もう結婚しちゃえよー」とか言ってたら一般のファンの方はどう思うでしょう。
大げさだと思いますか?実際にこれに近いことが起こったことがあるから私は書いています。鍵をかけていないtwitterや公共の場所での会話は誰かに見られている、聴かれていると思った方がいいです。
「私のツイートや会話なんて見えない・聞こえない」そう思わないでください。先程も書いた通り、「リスクが少しでもある」ならば、そのリスクをゼロにしなければいけないのです。

本来、三次元同人は、ご本人様や一般の方にとっては「存在しないもの」でないといけないのです。ほんの少しでも知られてはいけないのです。

三次元同人のルールとその意味を分かっていただけましたでしょうか。
「あれがダメ」「これがダメ」ばかりで息が詰まったことでしょう。
けれど、ダメと言われたって萌えているし、描きたい・読みたい。その気持ちはわかります。これを書いている私だって勿論そうです。
ですから、次は「そのためにはどうすればいいのか」について述べてみたいと思います。

では、どうするべきなのか

まず「誰の目にも見えるところでそういう話をしない」「完全に隠れる」これが基本です。幾つかの項目に分けて話をしましょう。

・Twitter
今一番マナー的に怖くて、且つ色々な人の目につきやすいのがTwitterだと思います。
便利なツールです。手軽に思った萌えをつぶやけるし、色々な人のつぶやきだって見ることが出来ます。あなたのご本尊がTwitterをやっているならそのつぶやきも見ることが出来ますし、出演情報だって、あるいは大好きな同人作家さんのつぶやきも見られますね。
ただ、基本的にTwitterは公開設定にしている限り全世界にそのつぶやきを公開していることになるので、ツイート検索をすれば出演情報もライブレポも、あるいはうっかり公開設定にしてある萌え語りだってヒットします。
Twitterで萌え語りをするならそれ用のアカウントを分けて、鍵をかける。まずこれで検索にはヒットしなくなります。
しかし、鍵をかけてもいくつかすることがあります。
たとえば、もし誰かがご本尊の名前でユーザ検索した時にプロフィールにその名前がそのまま書かれていたら簡単にヒットします。ですから、twitterのプロフィールのように「やむを得ず隠れられない」所に関しては伏字を徹底するようにしましょう。ここまでは大前提です。絶対にやらなければいけない事です。
そして完全に検索ではヒットしなくなったとしても、仮に公式をフォローしていた場合に、公式のフォロワの欄から辿られる可能性がありますね。
ですから公式は絶対にフォローしないようにしましょう。この場合の公式とは「ご本人様・事務所・関係者様・テレビ番組やイベントなどのアカウント全般」を指します。
どうしてもフォローしたいならアカウントを分けてしてください。
もし情報を拡散する際に引用リツイートを用いることがあるならば、たとえば「RT公式(@を抜く)」、「RT@公式(原文ママ、つまり公式のアカウント名を記載しないことでリプライが飛ばなくなる)」、「RT@*(どこからの情報かを伏せる・一般ファンのツイートで拡散する場合に使われます)」などの方法をとれば、不用意に公式や一般のファンの方にリプライという形で通知が行くという事態を避けることが出来ます。
ここまでは公式に見つからないための対策です。
では、ここからは一般のファンの方に万が一でも見つからないためには?ということになります。
基本は公式への対策と同じです。
一般のファンの方をフォローしない。一般ファンだけど腐った話をしている人がいる、という場合もいますが、その人もマナーを知らないか、知ったうえで破っているかのどちらかです。そういう人に注意をするかしないかはあなた次第です。
基本的には鍵付き、かつ同じ趣味の者同士で繋がりましょう。どこから辿られるか分かりません。
実際にあった怖い話をしましょう。
鍵なしで萌え語りをしている人たちがいました。ただのファンとしてのツイートというには目に余ります。
その方たち、まとめて某大型掲示板に晒されました。「このタレントにはこんな痛い腐女子がついている」と言われて。
もしあなたがそういう方たちと繋がっていたら、フォロー/フォロワの欄から辿られてしまう可能性は大いにあります。気をつけてください。
そして、もう一つ。【アイコンやヘッダ、背景に公式の写真を使わない】ことです。
さっきの怖い話のような悪意ある人たちにせよ、ただ仲間を探したい一般のファンにせよ、アイコン画像がご本人様だったら「仲間だ!」と思う可能性は大きいです。
しかしプロフを見たら「腐ってます」と書いてあり、どうやら伏字とはいえそのタレントのことのようだ……みたいなことも起こりえます。
ですからアイコン・ヘッダ・背景画像はせめてイラストか全く関係ない画像にした方がいいと思います。
(個人的にですが、ご本人のイラストもどうかと思っています。ファンアートと言い張ったって、プロフで腐っていることや同人活動を匂わせることを言ったら意味がないと思うので。)
(そしてファンアート云々については後述のpixivの項にて一緒にお話しさせてください。)
そして、よく見るのが【アカウントを分けていても、萌え語り用アカウントの存在・あるいはアカウントそのものを表アカウントのプロフに表記している・ツイートでつぶやいている】という状態です。これ、何の意味もありませんよね?
繰り返しますが、三次元同人は「存在しないもの」でないといけないのです。

少しだけきつい事を言います。
たとえば、三次元同人にハマって間もなく、同じ萌えを共有したい。そう思って検索して辿り着いてみたら、見つけた仲間の方が鍵付きで、プロフに【公式や一般ファン非フォロー・鍵付き・アイコンに公式写真非使用の方のみフォロー許可します】と書いてあったとします。
もしそれを面倒だと思うなら三次元同人に足を踏み入れない方がいいです。
このジャンルはどこもかしこもそういうマナーを守ることで成り立ち、存続しています。Twitterにおけるマナーなんて楽なものです。
鍵をかけ、プロフには伏字。そして公式や一般ファンをフォローせず、アイコンには公式の写真を使わない。たったこれだけです。どれもボタン一つ押したり押さなかったりで守れることです。
これさえ面倒だと思うならばpixivだってサイトだって、あちこちで色々マナーについて言われるかもしれません。その面倒さに耐えられるとは思えません。
鍵なしで萌え語りをする理由がわかりません。仲間が欲しいならマナーを守ればきっと萌え語り出来る仲間は出来ると思います。
こちらとしては、わざわざマナーを守らない人の方に近づきたくはありません。リスクを背負いたくはありませんから。

なんだかものすごく長くなってしまいましたが、私が三次元にハマってから問題が起きるのがtwitterであることが非常に多いため、長々と書かせていただきました。

2015/5/24:公式RT、お気に入りは鍵アカウントからならば通知は行かないため修正しました。
また、参考サイト様が閉鎖されていたためリンクを削除いたしました。ご指摘ありがとうございます。

・pixiv
私はあまりpixivを利用しないため、機能等についてよく知らない点もあります。その点は非常に申し訳ありません。
pixivも便利ですね。自分のサイトがなくても自分の描いた絵や、小説を発信できます。同じジャンルの絵描きさん・字書きさんとも繋がれます。
けれど、それについてもちょっと考えてみましょう。
pixivでは確かに同人活動をしている人が多いです。BL絵も多いですね。でも、それは「堂々と何でも投稿していい」ということではありません。
さっきからうるさくてすみませんが、「ジャンル外の人にとっては三次元同人は存在しないものでなくてはいけない」のです。
明らかに絡み絵であるだとか何なら思いっきりR18だとか、そういう絵のタグやキャプションに、あろうことかご本人様のお名前を伏字なしで載せている、というようなことが見受けられます。
ファンアートを探してきた人に多大なるショックを与えてしまうこと必至です。
pixivだからといって、閲覧者全員が同人を知っている・同人が好きだと思わない方がいいです。
基本的にはマイピクのみの公開にするようにしましょう。どうしても全体公開するならせめてタグは伏字でしましょう。そして、伏字と本名のタグの併用はやめましょう。伏字の意味がなくなります。
できればアカウントも三次元とそれ以外で分けた方がいいのだと思います。その際もプロフィールは隠せないので伏字を用いるようにした方がいいかと思います。
というか、おそらくpixivは三次元同人に向きません。あまりにもオープンすぎる。今はイラストSNSとしてはpictBLandもあったりしますが(BLに特化したSNSですのでNLや百合で活動されてる方には申し訳ない)、どうしてもSNSで三次元でやりたいならそちらの方がまだ検索に引っかからないし、作品ごとのパスもつけられるので自衛になるんじゃないでしょうか。
以前、「少しでもそのカップリングの小説を探している方のために全体公開にしているんです」と仰って、がっつりBL的な描写あり・カップリング名伏字なし表記で小説を上げている方がおられましたが、きちんとジャンルについての知識をつけた人ならば伏字タグだって探せますし本当に読みたいならマイピク申請だってします。人のためと言いながら各所に見つかるリスクを上げる行為はやめてほしいです。

そして、先程twitterの項でちょっとだけ触れましたが、「ファンアートと同人イラストの線引き」についてです。曖昧ですね。
「一人でも同人イラストだと思うなら同人イラストだ!」という人もいます。
「明らかに邪な絡みがないならファンアートだ!」という人もいます。
その線引きは人によって様々です。が、個人的には「自分が同人イラストだと思って描いたなら同人イラスト」だと思っています。
たとえば、twitterでもpixivでも、裏アカウントに同人イラストとして上げたものをそのまま表アカウントにファンアートです!と上げるのはどうかと思っています。
自分の鍵付きサイトにこんなシチュエーションが萌えるので描いてみました、と言って上げたものをそのままpixivの全体公開でファンアートです!と言って上げるのもどうかと思います。いくら萌えの匂いが少なくてもです。

・サイト
この項目もまた色々大変です。私はどうしてもサイトを運営する側の視点になってしまいますが、閲覧する上で守っていただきたいマナーが幾つかあります。
この界隈のジャンルですと、サイトには大抵パスが付いていますね。
請求制であったりクイズ制であったりします。
そのパスは絶対に他人に漏らさないでください。お願いですから。
たとえリアルの友達であったとしてもです。絶対にダメです。
Twitterでつぶやくとかネットで晒すとかは言語道断です。もうこれはジャンルのマナーというよりネットマナーの領域ですね。
パスがかかっている意味を考えましょう。そのパスを持っている人にしか通ってほしくないからです。
請求制の場合は大抵、ジャンルのマナーを守れているかどうかの質問があります。サイト管理人が「この人ならマナーを守ってくれる」と思ったからパスを発行しています。
クイズ制の場合もそうですね。ジャンルについての知識をきちんと持っているかどうかでサイトを見せるか見せないかを決めているわけです。
パスが発行されなかった・クイズが分からないという状況は、サイトを見たいならもう少しジャンルについての知識をつける必要があるということです。
人に聞かないでください。そして、聞かれても教えないでください。友達であってもです。請求やクイズは自分でこなすべきものです。ジャンルのマナーとその意義を理解すれば絶対に自分でどうにかなるはずです。

・オフ
オフ活動は、これまでのネットとは違ってまた色々と考えるべきことがあります。
まず、本の存在をジャンル外の人に知られてはいけません。たとえばツイートを消せるTwitterやいざとなればサイトごと消せるようなものではありません。本は物質ですから、見つかったからといって急にポンと消せません。
他ジャンルでも当然のマナーですが、同人誌を公共の場所で読まないでください。二次元でも相当な顰蹙を買うと思いますが、三次元では絶対にやってはいけない事です。
また、本が不要になった時にどうするかということです。本はどうしても場所を取ります。整理した時に要らないと思う本だってあるかもしれません。
基本的には【不特定の他人の手に渡るような事をしてはいけない】というのが原則です。
ジャンル友達の間で譲渡する約束をしている、などは相手が分かっているので良いと思いますが、たとえば同人誌中古書店に売ることやネットオークションに流すこと。これらは絶対にやってはいけない事です。
まあ、三次元同人誌を買い取ってくれる書店は限られていますが、数少ないそのお店が先日騒ぎを起こしたので利用しない方がいいかと思います。
ネットオークションはよりリスクが高いです。以前、御本尊が自分の同人誌をヤフオクで自ら落札したと言及して大騒ぎになった界隈がありますが、そういうことが起こりえますから。
処分するときは【中身が読めないような状態にして、燃えるゴミに出す】ようにしましょう。

そして、もう一つ。「イベントの存在知られてはいけない」ということです。これはオンリーやなんか、イベント自体が三次元同人をメインとしているものである場合の話ですね。
怖い話をします。一般ファンのいる場所でイベント名を出して話していた人がいたそうで、あるファンがそのイベント名や開催する場所・イベント詳細を悪意を持って晒し,同じアカウントでtwitter上でご本人様にリプライでpixivに全体公開で上がっていた小説を送りつけるという事件がありました。
そのファンの方は始めの方で述べた、「御本尊でBL妄想するなんてそんなのはファンじゃない、潰してやる」という意図を持ってそういう行動に及びました。本当の話です。
このジャンルの同人イベントの安全性は「仲間内しか知らない」という状況があって初めて成り立つのです。ジャンル内部からその安全性をつぶすような行動はやめましょう。
(あと、個人的な見解ですが、恐らくコミケはかなり危ないです。入場無料であり、非常にメジャーなイベントになってしまった以上、ご本人様は来ないにしても、ご本人様のご友人や番組制作スタッフなんかが出演者の本を買っていく事例もあるようなので。)

おわりに

非常に長くなってしまいました。ただ、近頃、これまでの「当たり前のマナー」が当たり前ではなくなっていっていると感じたので、ここでもう一度マナーの基礎となる考え方、それを踏まえてどうすべきなのかを考えていただきたいと思ったからです。
マナーサイトもtwitterやpixivが普及する前のものが多く、これでは隠れなければいけないということもその意味も知らない人が増えて当たり前だなとも思いました。
二次元同人がどんどんオープンになっています。つられて三次元同人もオープンになりかけている気がします。それはマズいと思ったのです。
私が今いるジャンル内でも「他の人がやってるからいいのかなー……」というようなノリでどんどん緩い方に流れて行っているように感じます。果たしてそれはどうなんでしょう。
今、ジャンル全体の傾向として、たとえば鍵なし腐ツイートしている方がいても、「何か言って逆切れされたらやだな……」で何も言わずスルーするようなことが増えています。
かく言う私も少し前は「色々言いすぎてジャンルの人に嫌われるの怖いな……」と思ってました。でも誰かが言わなきゃどんどん悪くなる一方だと思うのです。
もし、知り合いの方やサイトの閲覧者の方、twitterのフォロワさんが、誰かに見つかるリスクのある行為をしていたら、そっと教えてあげて欲しいと思います。

このサイトに来て下さる方の中には、クイズ制サイトの答えを求めてやって来た方もいるかもしれません。残念ながらその答えはなかったのではないでしょうか。
請求制サイトで聞かれたことの答えを求めて辿り着いた方もいるかもしれません。答えはありましたか?ジャンルのルール・意義を理解して下さっていれば幸いです。
ただ「ダメって言われたからダメ」「こうしろって言われたからやる」だなんて考え方でマナーを守ろうとしないでください。
平穏に、ささやかに、萌え語りや創作が出来るための前提条件がこのマナーです。
皆でマナーを守ってたのしい同人ライフを送りましょう。

ちなみにこのページはリンクフリーです。三次元系のサーチやサイトを運営されている方へのサポートになることが出来ればと思って作成していますので、お気軽に貼りつけてください。
何かありましたらこちらのメールフォームまでお願いします。

inserted by FC2 system